【2018/09/13オープン】

ひたすら進化し続けてる渋谷駅前周辺ですが、駅の南側エリア、渋谷警察の向かいに、渋谷ストリームがオープン。

オフィスや、ホテル、さらにスタンディングのライブホールまで入った複合商業施設です。

もちろん飲食店フロアもあり、地下直結でアクセスも良く、ちょっとごはん食べて帰りたくなるような、気の利いたお店がたくさん入ってます。

IMG_5665

そんな中のひとつ、XIRINGUITO Escriba(チリンギートエクスリバ) に行ってきました。

本家スペインでは地元民はもとより、世界中のセレブにも愛されているシーフードレストランとのこと。

直火で一気に炊き上げるパエリアが有名だそうです。

IMG_4515

パエリアは直火で炊くもんだと思ってたら、なんか普通はオーブン使うんですって。知らなかった!

そんなんで「直火」が売りらしいです。ふーん。


お店は3階のレストランエリアにあります。

席数はかなり多くて84席。

入るとすぐ左手にボックスシートがあり、ちょっとしたファミレスのような感じ。

「チリンギート」という名前は海の家という意味らしく、爽やかなブルーが印象的です。

店内は初日の遅い時間ながら、たくさんの人で賑わっています。

IMG_5738

実は事前に予約を試みたのですが、直近の希望の日はすでに満席!

なので、

1人でふらっと行ってみたら、カウンター席でよければ、と入れました\(^o^)/


IMG_4506

さて、メニューを眺めますが、、、

やはりここへきたら、パエリアを食べなくてはいけないでしょう。

しかし、パエリアってもんは、大きくて薄い鍋で、炊くものなんです。

小さいMサイズで鍋の直径が40cmの2〜3人前、大きいLが52cmで4〜6人前。


仕方ないので、

Mサイズを頼むことにしました。

ついでに、


・残ったものを(自己責任で)持ち帰ってもいいか?

・(無理はは承知で)1人前で作れるか

聞いてみましたが、どちらも無理でしたー!

なので、胃袋に自信のある方以外は、複数人でいくのをオススメしますw


お味は4種類の中から、一番好きな「バレンシア」。鶏肉と白いんげんのパエリアです。

シーフードじゃないのかよ!というツッコミはご容赦ください(笑)


それに

これまた大好きな「タコのガリシア風」と、店員さんオススメの「タラのブニュエロ」。

どれも2〜4人前くらいだそうです。

急なごはんに誘える友達って大事ですね(涙)

ボリューム満点のボッチめしですw


FullSizeRender

「たらのブニュエロ」と「タコのガリシア風」が先にきました。

ブニュエロは初めて食べましたが、たらとジャガイモを擦り混ぜて丸めたような揚げ物。


IMG_4522


パプリカのソースをつけていただきますが、これはナイスおつまみですね!


IMG_4526


タコのガリシア風は厚みがあってクニュっとした食感。個人的にはふわふわタコ派なので、惜しいという感じ。ポテトのカットもでかくて豪快で、たぶん3〜4人前あるボリュームでした。

IMG_4517

お通しはオリーブ。


IMG_4523

その間に青い砂時計が目の前に置かれました。

「砂時計が落ちきった頃にパエリアが来る」んだそう。

時間的には「だいたい20分くらい」だそうで。

これはワクワクしますねー!


・・・と思ったら、5分くらいで来ました!

砂時計意味ない(笑)

オープン初日あるあるですね。


FullSizeRender

さすが40cmのパエリアパンは迫力あります。

食べれるかなぁ。

一瞬ヒヨりますが、気を取り直して食べ始めます。

パエリアはシーフードのものが一般的ですが、バレンシア地方では鶏肉と白いんげんが一般的なんだそうです。

サフランがあまり香らず、ターメリック感ありますが、日本だとフルサフランは厳しいのかな。

FullSizeRender

でもローズマリーはしっかり香っていて、お肉も美味しいです。

おこげは少なめでしたがご飯の感じも悪くない。

あれよあれよと言う間にお腹の中に落ちていき、

お肉3ピース残してすっかり食べてしまいました!

なんて恐ろしい子!

IMG_4535


繰り返しますが、複数人、最低でも3〜4人くらいで行くのが楽しめると思います(笑)



【DATA】

XIRINGUITO Escriba

050-5596-0356

東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム 3F

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13224292/