先日、フードアナリスト協会主催の「エクオール」のセミナーに行ってきました。

「エクオール」というのは、

腸内でつくられる女性の美や健康などホルモンの分泌にも作用する物質で、

更年期を迎える女性をサポートしてくれるんだとか。

具体的には

  更年期障害の症状を緩和させたり、

  加齢によるシミやしわを改善してお肌を若く保ったり、

  骨粗鬆症を予防したり改善したり、

  メタボリックシンドロームの予防だったり、

  乳癌や脱毛を抑制したり、

うれしい作用が期待できます。


どうやってつくられているのかといえば、

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンの中のダイゼインという成分が

腸内細菌により、「エクオール」へと変わるそうです。

名称未設定 1

大豆イソフラボンはトクホ成分でもあり、

その効果もお墨付き。

その大豆イソフラボンの作用がサイヤ人なら、

代謝後の「エクオール」の作用はスーパーサイヤ人並らしいですw

(・・・って説明されましたw)

これが女性は積極的に大豆製品を摂取すると良いと言われている理由のひとつみたいです。



しかし!

最近の研究で、腸内環境によっては

「エクオール」が体内で産生できる人とできていない人がいるんだとか。

その割合は日本人で大体半々ぐらい。


名称未設定 3

普段大豆食品をよく食べている人はわりとエクオールが産生されやすい傾向にあるみたいですが、

たくさん大豆を食べても「エクオール」が作れなければもったいない!


自分の腸内環境が産生できるか、できないかはソイチェックキット で簡単に測定できます。

←クリック


今回のセミナー参加にあたり、自分も事前にソイチェックキット を使って

エクオールが産生されているかどうかをチェックしたところ

名称未設定 2

がぁぁぁ~~ん(・д・;;)

全然ダメでした。

まあ、あんまり大豆製品食べないしな。。。

大豆イソフラボンの摂取が少ない、腸内環境が悪い、そもそも代謝ができない、と様々らしいですが、

現状ではそれを判別するまでは研究が至っていないとのこと。


そうはいっても

やはり大豆製品を摂取してれば改善される可能性は大いにあるわけで。

納豆でいえば1日1パック程度を毎日とるのが良いみたいですよ。

私は納豆嫌いなのでw 

もやしを豆もやしにしたり、牛乳を豆乳にしたり工夫することで

改善が期待できるみたい。

名称未設定 4

食事でとりきれなかったら、

おやつをソイジョイにしてみるとかもいいかも。

←クリック


「エクオール」の研究をしている大塚製薬からはエクエル というサプリメントも出ていて

←クリック


かなり効果が期待できるとの臨床研究の結果も出ているみたいです。


いずれにしろ、

意識して続けたら5年後、10年後の健康が変わるかもってことだね~。

そろそろイイトシだし、今年は健康も意識していきたいな!



 ←クリック




2015-02-06-17-36-31

※この記事はセミナーでいただいた資料を基に書きました。
 グラフなどはセミナー講師の方の許可を取ってスキャンしてつかわせていただきました。