【2014/10/08オープン】

2014/10オープンの、気になっていたお店にいってきましたー!

2014-12-28-12-07-06

今話題のこちらのお店は、

メルヴェイユの松平シェフが独立したというお店。
 
高い技術と組み合わせのセンス、そして遊び心を堪能することができます。

こうやって何日かかけてレビューを書いている間にも

面白いくらい食べログの点数がぐんぐん上がっていきますねw 



メニューはメインに肉か魚を選ぶA(3500円)と肉も魚もいただけるB(5000円)。

2014-12-28-12-20-27 2014-12-28-12-20-43

今回はBにしてフォアグラ料理を追加(+1000円)しました。


☆Menu B

●アミューズ
2014-12-28-12-16-32

雪のような白い粉の上に飾られた松ぼっくりとともに出てきたのは

パプリカを練り込んだサブレと豚肉のリエットを挟んだシュー。

冬らしい美しい盛りつけに、一皿目からハートをわしづかみw


●パン
2014-12-28-12-32-16

その後パンが出てきました。

熱々で嬉しいですね。

2014-12-28-12-31-24

スプレッドはバターとレモンと生姜を練り込んだフロマージュブラン。

このフロマージュブランがとても美味しくて、どうもそればかり減っていきますw

バターは少し固い感じがしたので、取り皿にしばらく置いておくとちょうどいい感じ。

2014-12-28-13-11-29

2つめのパンはバゲットでした。

パンの種類が変わるのも嬉しいポイントです。


●ラペのいろいろオードブル
2014-12-28-12-34-14

オードブル1皿目はアスパラベーコンをイメージしたベーコンのブランマンジェ。

2014-12-28-12-34-22

ベーコンそのものは使わず、ベーコンの味のみ移したというブランマンジェに

アスパラのクーリーをあわせ、トッピングに雲丹。

2014-12-28-12-35-54

すくっていただくと不思議なくらいアスパラベーコンの味そのまま。


続いて前菜2皿目。
2014-12-28-12-44-59

またまたWECKの小瓶に入ってきたのはカニクリームグラタン。

2014-12-28-12-47-11

トマトソースとロマネスコ、さらにカニのクリーム。

垂直にすくっていただくとそれぞれの味が味わえます。


●魚介のタルタル、カブ、柿のアンサンブル
2014-12-28-12-58-14

続いて出てきたのはまさかのお椀!

そして開けて現れたのもまさかの椀もの?!

2014-12-28-13-00-24

サーモンと帆立のタルタルに帆立のジュレ、山形蕪のエスプーマ、

それにハーブのソースを合わせた一皿。

エスプーマの中にはイクラの粒とフィンガーライムが隠れていて、香りよくプチプチ楽しい食感♪

2014-12-28-13-00-47

驚きなのは混ぜずにこちらも垂直にすくっていただくと、

すべての食材が均質な柔らかさで舌の上でとろけること。

素晴らしいお味でした。

ちなみにこの漆椀かと思ってたお皿はスガハラガラスのガラス椀でした。

お水のグラスもスガハラガラスを使っていてスタイリッシュ。


●日本橋「フォアグラゴーフレット」
2014-12-28-13-12-37

タイトル通り「日本橋」と書かれた風呂敷をほどくと

中からオリジナル缶が登場。

2014-12-28-13-13-04

追加でオーダーしたフォアグラの一皿です。

直接手で缶からとり、お皿へ。

2014-12-28-13-13-55

無花果のジャム、燻り大根、生アーモンドをあしらったフォアグラは、

厚みがあり、けっこうたっぷりの量。

ちょっとtoo muchだったかも。

濃厚な味のマスカットの干しぶどうをつまみながらいただきます。


●本日の魚料理
2014-12-28-13-32-24

和歌山県産のサワラのポワレ。

ポワレは浅めで、若干魚の皮の質感が・・・も少しかりかりになってた方が好みです。

サワラは脂がのるおいしい季節ですが、ポワレの具合か、はたまたサワラ自体がなのか、

それほど脂ののった感じは感じられず。

付け合わせとソースを黄色で統一していて、サフランの黄色に

黄色人参、黄色蕪、黄色カリフラワーなど黄色食材でまとめています。

同じ和歌山県産の八朔の香りが爽やかなアクセント。


●ナイフ
2014-12-28-13-47-37

お肉料理の前にでてきたナイフは高村刃物のナイフ!

美しい刃模様です。切れ良し!


●本日のお肉料理
2014-12-28-13-51-58

メインは蝦夷鹿の外ももロースト。

ソースや付け合わせを、今度は黒でまとめています。

焼きナスのソースに黒米のリゾット、黒大根のロースト、

メープルで煮込んだゴボウのフリット、セップ茸と竹炭のパウダー。

ピメンデスペレットを効かせてほんのり刺激を。

2014-12-28-13-52-16

見て!このイケメン肉!

お肉は低温調理はせず、2人前ごとに塊で焼きます。

このロゼの美しさはその技術あってこその美しい色。

お肉はジビエらしくワイルドな脂身の香るお肉でした。


●ブランマンジェとアイスクリーム
2014-12-28-14-16-41

これがベストディッシュと言ったら、怒られてしまうかしら?w

ダッダン蕎麦のブランマンジェとゲラントの塩アイスクリームに、完熟オリーブオイルをたらり。

2014-12-28-14-17-12

ふわりと広がるオリーブの香りとおそばの風味が驚くほどサッパリとしていて、

まさにお口直し!お口が直ったww

完成度の高さが続くデセールの期待感を高めます。


●本日のデザート
2014-12-28-14-25-30

紅鮮キウイとフロマージュブランのデザート。

2014-12-28-14-28-40

キウイにあしらわれた飴細工が雪の結晶みたいで、

うっとりするほど美しいです。

2014-12-28-14-29-36

フロマージュブランとライチとココナッツのトロピカルなシャーベット、

それにメレンゲをあわせて、不思議と冬の味がします。


2014-12-28-14-26-13

こちらはルレクチェとチョコレートのムースのデザート。

2014-12-28-14-27-10

クッキーやカカオの食感と滑らかなチョコレートのムースが

存在感のあるルレクチェを邪魔することなく引き立てます。

デザートはどちらも季節をよく表した素晴らしい出来でした。


●カフェ
2014-12-28-14-31-16

ひとくちサイズのフィナンシェとともに。

2014-12-28-14-30-49

お店の方の心遣いも良く、最後まで楽しめました!

2014-12-28-15-09-25

最後は地上の入口までお見送りに来てくださったので、

シェフのお写真を撮らせていただきました。

2014-12-28-15-04-07

素敵な時間をありがとうございました!





Rettyレビューはこちら
http://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1503/100001175520/


【DATA】

ラ ペ
昼総合点★★★★ 4.2

関連ランキング:フレンチ | 三越前駅日本橋駅新日本橋駅