こちらはミーハーグルメ in ロンドンの番外編。

今回のロンドン旅行で便利だったものを紹介します。 


Open Table UK

logo

 レストランの予約と言えばOpen Table。(以前はTop Tableという名前だったみたい)

日本からでもポチッとな!で 簡単に予約を取れます。

が、リコンファームの電話が受けられなくて自動キャンセルになったお店もあったので、

予約を取ったら出発前に自分から店舗にリコンファームの電話をしておくと安心です。


iPad mini Retina [sim free]
http://store.storeimages.cdn-apple.com/7677/as-images.apple.com/is/image/AppleInc/aos/published/images/i/pa/ipad/mini/ipad-mini-retina-step1-white-2013?wid=150&hei=195&fmt=png-alpha&qlt=95&.v=1400754773880
SIM freeのiPhoneはまだ国内正式発売なくて輸入品は高いのであきらめ。

2014/07/01に正式発売となったSIM free iPad miniをげと。

大きい画面で地図も見やすいし、iphoneよりバッテリー持ちがよいです。


SIM CARD

2014-09-07-07-05-00

こちらのブログを参考に決めました。

空港にも売っていたけれど、市内の携帯電話ショップにて購入。

3G接続のカードしかないみたいけど、十分に使えました。

iphone用とipad用ってのが別みたいで、買うついでに店頭でセットアップまでしてもらっちゃいました。


無線LANルーター



ホテルが有線LANだったために、勝手に無線化計画w

MBAにはLANケーブルの差し込み口がないので、

せっかくの無料インターネット環境も有線だとそのまま使えないんです。

結果、iPhoneもipadもつなげられるし、メチャクチャ便利でした!

日本で一度セッティングしていくと、すぐつなげられていいと思います。


電源タップ
カシムラ 海外旅行用ワールドタップ TI-76

カシムラ 海外旅行用ワールドタップ TI-76
価格:1,922円(税込、送料別)


私が使うのは主に充電で、そのiPhoneやiPad、MBAにSONYのカメラ。

それらは全部世界の電圧対応なので、変換不要。

なので7A/250Vまで対応しているこちらのタップを使用。

コンパクトだけど3口で、電源アダプタがぶつからない形状。

PCのUSBも活用してバッテリーチャージャーも充電できました。

コンセントの形状が日本では使えないCタイプです。


コンセントタップ



これひとつでいろんなコンセントの形状に対応します。

形状変更は超合金の組み替えみたいでちょっと楽しいw

電源タップの差し込み口Cタイプを、イギリスのBFタイプに変換しました。


Oyster card
index

ロンドンのSUICAとかPASMOみたいなIC交通カード。

チャージして利用できます。

また、1週間の乗り放題切符もこのICカードに登録するので、

ピッとやるだけで電車に乗れて便利。

乗り放題切符の購入は駅の券売機で買えます。

私が買ったときは現金が使えなくて、クレジットカードで決済でした。


Journey Pro(乗り換え案内アプリ)

無題



ガイドブック

あまりにノープランもあれなので、

一応2冊もっていきました・・・がほとんどみませんでしたw



Hanakoはお買い物リスト作るのに便利でしたw




「60人の地元クリエイターが、街の見どころをお教えします!」

がテーマのシティーガイドは

行く前に読んでテンションかなり上がりました。

ガイドブックっぽくないけど、行きたいところが見つかるので便利☆




とまあ、こんな感じでしょうか。

あとはgoogle map入れとけばバッチリです。