【2014/03/20オープン】

待ってました!

私のいちばん好きなフレンチレストラン

レフェルベソンス」が手がける新店が、コレド室町2にオープン!

レフェルベソンスのエッセンスを込めたお料理を「カジュアルガストロノミー」と銘打って、

よりカジュアルに、お値段も半分位となりw、しかも駅近となりww

これは嬉しいですね!

事前に予約してディナータイムに行ってきました!

2014-03-21-19-00-06
入口はいるとすぐにワインセラーがあります。

2014-03-21-19-09-41
テーブルにはお箸をイメージしたデザインのカトラリーが。(上手く写真が貼れない><)

2014-03-21-19-09-52
このナイフ、ミシェル・ブラスと貝印がコラボしたライオールナイフらしいです。

めっちゃ切れそう~!!


まずはいつも通り、食前酒の代わりにジュースw

2014-03-21-19-10-44
カモミールとエルダーフラワーのシロップをクランベリージュースで割ったものです。


2014-03-21-19-02-10

お料理はランチもディナーもプリフィックスです。

関東近郊の農家さんから直接仕入れた野菜をたっぷり使ったメニューが並びます。

2014-03-21-19-11-32
お料理はオープンキッチンからシェフが直接テーブルまで運んできてくださいます。



では、ディナープリフィックス(6800円・サ別)の中身を~

●千葉県エコファーム浅野のサラダ
2014-03-24-08-44-32
しっかりした葉っぱの力強く旨味の強いお野菜です。


●フレンチフライ
2014-03-24-08-44-50
こちらも千葉県のエコファーム浅野のきたあかり。

収穫後、低温庫で糖度を上げたものだそうです。

ねっちりしたなめらかな食感がGOOD!


●大阪の岩永さん(ル・シュクレクール)のパン
2014-03-24-08-45-12
水分量90%のタプタプ生地を焼き上げたパンはもっちりしっとり!

フランス産の石引小麦と国産の小麦を使用していて、

手で混ぜずに圧力釜のようなもので焼いているそうです。

軽めのあっさりしたバターを合わせています。


●新玉ねぎの温かいスープ
2014-03-24-08-46-09
新玉ねぎを色づかないように低温でゆっくりといため、少しのバターと塩で仕上げたスープ。

クリームを使っていないのにとてもクリーミーで甘いスープです。

アクセントに千代幻豚のベーコンと新ジャガイモのニョッキ。

チヂミほうれん草とビーツものっていて、食べているうちにスープがピンクに染まっていくのが綺麗です。


●畑のジュース
2014-03-24-08-49-45
野菜の切り落とし部分をジュースにしています。

本来捨ててしまう部分ですが、野菜のおいしさが濃縮したジュースはとても美味しいです。


●短角牛しっぽの赤ワイン煮込みときたあかり、蓮根と春菊のパイ包み焼き
2014-03-24-08-47-03
短角牛は柿木畜産からの「いわて山形短角牛」。

奇跡の短角牛とも呼ばれる、純粋国産牛らしいです。

その旨味たっぷりのテールを煮込み、

きたあかりや蓮根、春菊と共にパイ包みにして焼いてあります。

アロマレッド人参のソースと共に、スープとパイのように仕立てています。

フレッシュハーブがいい香り!


●とちおとめのスープと練乳のアイス
2014-03-24-08-49-15
とちおとめのあらごしスープと練乳のアイス&シャーベットです。

清水牧場のプティニュアージュチーズがあわせてありましたが、

そのふわふわの食感はおどろき!チーズ臭さもなくてチーズと言われなければ分からないほどでした。


●タコ焼き風焼きショコラ
2014-03-24-08-50-38
なぜここでたこ焼きw生江シェフのスピリッツですね~w

中にクランベリーが仕込まれた焼ショコラのようなチョコレート。

カスタード、チョコレートとパイナップルミントがかかっていて、

本当にソース、マヨネーズ、青のりみたいなのw


●ペルーのチョンダル農園のコーヒー
2014-03-24-08-50-14
コーヒーハンターの川島良彰さんが選び焙煎したという

ペルーのチョンタリ村のコーヒーとのこと。

ミカフェートの商品だとラグリマ・デ・アンデスとかかな?

こちらのはオリジナルみたいです。

2014-03-21-20-12-57
焙煎温度を細かく変えて試行錯誤し、決めたこだわりのコーヒーを

ハンドドリップで丁寧に入れるのもまたこだわり。

抽出温度とお湯の量や時間を計ったりして、

かなり細かく設定し、おいしく入れられるように全員練習したみたいです。

2014-03-21-20-12-16
ちょうど行った時は取締役の方がヘルプに来ていて、

コーヒーを担当していました。

レアな取締役ドリップですw


全体的に

レフェルベソンスのような、遊びゴコロの塊で、

ひゃっふー!とテンションMAXになるお料理ばかりではないものの、

厳選された食材の美味しさを120%引き出すような丁寧なお料理でした。




Rettyレビューはこちら
http://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1501/100000875867/


【DATA】

ラ・ボンヌターブル
夜総合点★★★☆☆ 3.8

関連ランキング:フレンチ | 三越前駅新日本橋駅小伝馬町駅